>  > 僅かにパンティのゴムが

僅かにパンティのゴムが

軽い栗毛色のショートヘアが素敵な女の子でした。21才の麻里ちゃんは手コキでアルバイトをしながら大学に通っている頑張り屋の女の子。将来は自分のお店を持ちたいというのですから目的をしっかりと持った前向きな女の子です。手コキどころか最初は男性に触れのも苦手だったという彼女も将来への目標がさだまるとそれを目指して行こうと頑張った訳です。その甲斐も合って今はこんなに上手になったと言う訳でしょう。ちょっと、肉感的なところがかえってチャーミングにも見えます。とくに、僅かにパンティのゴムが微妙にはだに食い込む所なんてのはいい感じです。ここ最近の女の子はとにかく痩せすぎていますからね。この娘位の柔らかさを感じる身体が一番だと思います。当然、手のひらだって丁度良い肉厚と温かみを感じます。微妙にお互いに汗ばんだ身体を並べて一生懸命に肉棒をマッサージしてくれる姿を見ていると抱き締めてしまいたくなりました。その前に絶頂となってしまいましたけどね。

[ 2016-06-25 ]

カテゴリ: オナクラ体験談